インデックスガーデン

いつか撒いたその花の種が、いつか咲き誇ることを

【2020年1月】株高ですが淡々と毎月の積立投資を実行していきます

f:id:maegamix:20200117233000j:plain

積立投資、してますか?

2020年1月分の積立投資が完了しました。

例年は毎月10万円分のインデックスファンドを購入するだけでしたが、今年はブログを始めたこともあり、少々スパイスを加えてみることにしました。

インデックス投資

NISA枠の月次買付

f:id:maegamix:20200117231228p:plain
先進国株式:日本国株式:新興国株式=6:3:1

アセット 購入ファンド 投資額
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 45,000円 先進国株式
SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド 15,000円 先進国株式
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 25,000円 日本国株式
ひふみプラス 5,000円 日本国株式
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 10,000円 新興国株式

現在のアセットアロケーション通りの配分での積立購入です。

ひふみプラスは遊びで保有しているアクティブファンドです。微妙に先進国株式がポートフォリオに含まれているファンドですが、ざっくり日本国株式としてカウントしています。

「資産配分が崩れてきたな?」と思ったタイミングで、買付金額の変更オペレーションを実施することがありますが、毎月NISA口座へ合計で10万円投資できるように配分しています。

これを毎月合計12回繰り返すことで、NISA枠120万円を全て使い切るのが積立投資の基本戦略です。

ポイント投資

購入ファンド 投資額 アセット 証券
SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド 1,329P 先進国株式 SBI証券
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 2,335P 全世界株式 楽天証券

ポイント投資だけは手動投資です。

SBI証券では投信マイレージサービスでもらえるTポイントを、楽天証券では何かとよく貯まる楽天ポイントを投資しました。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の中身は、[先進国株式:日本国株式:新興国株式=3.3:3.3:3.3]というユニークなんですが、不人気なファンドです。

新興国株式を3割も保有していて信託報酬手数料が0.12%未満というコストの安さを評価して購入してみました。

企業型確定拠出年金

購入ファンド 投資額 アセット 証券
DIAM外国株式インデックスファンド<DC年金> 13,000円 先進国株式 損保ジャパン日本興亜DC証券

入社数年後、確定給付企業年金が廃止されて導入された、企業型確定拠出年金に加入し、マッチング拠出を利用して、会社の積立額と同額の6,500円を自己負担で投資しています。

企業型確定拠出年金内でのスイッチングやリバランスは面倒なので、先進国株式のインデックスファンド一本で運用しています。

外国口座で高配当ETFへ投資

f:id:maegamix:20200117231734p:plain

購入ファンド 口数 投資額(概算円貨)
HDV 1口 10,779円
SPYD 3口 13,101円

1月の始めのうちに約25万円分ずつ一括で購入し、その後に設定したSBI証券の海外ETF自動買付サービスでの購入です。

[HDV:SPYD=1:1]での保有を目標にしているのですが、1口あたりの金額が違うので金額ベースでの均等保有が難しいですね。

投資信託なら均等な金額で買付できるのに、ETFはこういうところの調整が難しいです。

今後受け取る配当金を利用するか、随時で追加買付するなどして、気になってきたらリバランスしていこうと考えています。

2020年1月分の投資をふりかえって

ここ最近の過熱気味な相場を少々警戒しています。

しかし、未来になって現在の相場を振り返らない限り、現状が歴史的な高値なのか、それとも平常運転の状態か、今は誰にも分からない状態です。

まだまだ長い人生のなか、私の投資は始まったばかりで、いつか暴落もを経験する日もあるでしょう。

投資は長くコツコツと継続した人だけが、最後に笑うのだと信じて、これからも毎月コツコツと積み立てていきたいと思います。