インデックスガーデン

いつか撒いたその花の種が、いつか咲き誇ることを

SBI証券の投信マイレージで貯まったSBIポイントの端数を募金してみた

f:id:maegamix:20200108175906j:plain

SBI証券の投信マイレージで貯まるSBIポイント。

以前は10,000ポイントを12,000円の現金と交換できて、破格の交換レートに何度かお世話になっていました。

しかし今は、SBI証券の投信マイレージサービスでもらえるポイントは、SBIポイントからTポイントへの変化しつつあり、SBIポイントのサービスはもう以前のように利用できそうにありません。

SBIポイントはTポイントへ100ポイント単位での交換のため、100ポイント未満の端数が余ってしまいました。

余ったSBIポイントはもう使い道がなさそうなので、どうせならばと募金にしちゃうことにしました。

SBIポイントを募金する

f:id:maegamix:20200108180512p:plain

SBIポイントのサイトを見てみると、ポイント募金が6先選べるようになっています。

保有ポイントはたったの62ポイントのため、1ポイント単位から可能な3先から選ぶことになります。

コンビニの募金箱や、街頭の赤い羽根募金など、募金をあまりしたことのない程度の人間ですが、スッパリと使い切ってしまった方が気持ちもスッキリしそうです。

北海道へ募金してみた

f:id:maegamix:20200108181101p:plain

毎年夏には北海道へツーリングに行きますし、ふるさと納税もまずは北海道の地方の中から選び、百貨店の北海道物産展には必ず足を運ぶ、北海道好きのため、迷わず北海道を募金先に選びました。

2019年の東日本の台風被害や、2018年の西日本の台風被害は、人口の多い地方への被害が甚大だったことから記憶に新しい人も多いと思いますが、北海道にも地震災害があったことは、すでに人々記憶から薄れ始めているような気がしたのも、北海道を選んだ理由でもあります。

端金でも腐らせるよりかはいい

事前活動に積極的でもないので、募金したというと偽善者と呼ばれそうですが、端金のまま忘れ去られるよりは、少しでも何かの役にたつ方がずっとか良いでしょう。

以上、『SBI証券の投信マイレージで貯まったSBIポイントの端数を募金してみた』という話しでした。