インデックスガーデン

いつか撒いたその花の種が、いつか咲き誇ることを

【継続は力なり】コツコツ積立投資を半自動化して楽する仕組みを作る

f:id:maegamix:20191222152434j:plain

まだまだ投資経験の浅い私ですが、毎月一定額を積立投資に回すようになって早4年が経ちました。

毎月コツコツと積立て投資してきた元本だけでも、国産高級車(車に興味はありませんが)に手が届く金額と考えると「継続は力なり」とは、まさにその通りのことわざだなぁと思うわけです。

この記事では、毎月無理なく積立投資するための仕組みをなるべく自動化して、「継続は力なり」を楽に実現しちゃおう、「ローマは一日にして成らず」とも勝手に発展する仕組みを作っちゃおう、という内容の記事です。

投資資金を差し引いた後のお金での生活に慣れよう

私がこれまで生活してきたなかで、いちばん大切だと感じたのは、毎月の投資資金を確保したあとの資金で生活することに慣れることです。

今から4年前、会社での私はペーペーに毛が生えた程度の存在で、給料は今考えても驚くほど少ないものでした。そんな薄給の中から毎月10万円の投資額を拠出するのはかなり大変でした。

なぜ毎月10万円だったかというと、単純にNISA枠の120万(=10万×12ヶ月)を使い切らないと絶対に損だと考えたからで、支出を極力抑えてなんとか毎月の投資資金を確保していました。

当時は相当無理をしたと思います。しかし、毎月10万円がはじめから消費できない生活に慣れてくると、だんだん「そんなものだ」と、無いなりの生活に慣れることができました。

人間、新たな習慣を取り入れることは大変ですが、一度その状態に慣れてしまうと、意外と何とかなってしまうものです。

この仕組みが、今でも毎月かかさず投資を継続できている一番強力な基礎部分となっています。(ただ、現在はそこそこ出世して給料も増えていますので、当時よりはかなり楽な状態です。)

注意:毎月の投資金額の確保は無理のない範囲で

過去、無理して投資資金を確保していた私が言うのもなんですが、毎月の投資資金の確保は無理のない範囲で行いましょう。

毎月10万円というのは、あくまで私の事例です。決してこの金額の確保することが正解では訳ではありません。人それぞれだとは思いますが、若いうちに毎月10万円を確保するのはすごく大変です。

現在は、つみたてNISAという年間40万円の非課税枠も選べます。毎月3万+ボーナス月2万×2で、非課税制度が長期でフル活用できると考えると、このわずか数年の間で若者でも投資しやすい環境が急ピッチで整えられたこと分かります。

無理のない範囲の投資計画を建て、着実に継続することが一番大切です。

投資資金の確保を自動化しよう

財産形成預金と同じく、貯蓄を確実に実施するには、給与天引き方式がベターです。

ですが、財形預金のように投資の資金を会社が天引きして、確保してくれることはありません。かといって、毎月給与を受け取る口座から資金を引き出して証券口座へ移すのは面倒です。

また一時的とはいえ、いざ多額の現金を手にすると「今月は投資にお金を回すのはやめて、パーっと使っちゃおこうか」なんて思ってしまうかもしれません。

これでは肝心な投資継続のチェインが切れてしまいますので、安定した資産形成のためには良くありません。

そこで有効な手段は、人の手を介さず目に見えないところで、投資資金の確保を自動化してしまうことです。

SBI証券の場合:住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスを利用する

f:id:maegamix:20191222212301p:plain
出典:住信SBIネット銀行

私のメイン証券口座はSBI証券のもので、実際に私が実際に運用している方法です。

SBI証券の関連会社である、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスを利用し、メインバンクから毎月の投資資金を確保します。

ポイントは、給与受け取り口座の銀行サービスで送金するわけでは無いく、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスで送金する*1、というところです。

住信SBI銀行の定額自動入金サービスは無料で1万円から1千円単位で、任意の銀行から住信SBI銀行に送金できるサービスです。

私の資金確保から積立投資にいたる毎月のキャッシュフローは以下の通りです。

  1. 毎月20日に給与受け取り口座(地方銀行)に給料が振り込まれる(例:1月20日)
  2. 翌月5日に給与受け取り口座から投資資金が出金される(例:2月5日)
  3. 翌月9日に住信SBIネット銀行の口座に投資資金が入金される(例:2月9日)
  4. 住信SBIネット銀行で代表口座からSBIハイブリッド預金に振り替える(注:ここだけWEBで手動操作
  5. SBI証券で予め設定した金額・配分で投資信託を積立買付(例:2月15日)

何となく、給料を受け取ったら資金が確保され、投資の資金に回されていく流れが分かると思います。

なお、全て銀行や証券会社の営業日に資金が動くため、該当日が土日に当たることも多く、実際は上記の例より後ろ倒しになることが多いです。

唯一の難点は4だけ手動操作なところです。

蛇足ですが、定額自動入金の引き落とし日を27日に設定していないのは、この前後にクレジットカードの引き落とし日があるからで、たとえ数日後に振替入金されると分かっていても、一度にお金が引き落とされると精神的に気持ち良くないからです。

楽天証券の場合:豊富な引き落とし手段が魅力。楽天カードの買付が一番良さそう

サブの証券口座に楽天証券で口座開設をしていますが、正直に白状すると2020年1月現在、証券口座の残高はゼロで、まだ楽天証券で投資をしたことがありません。

ただ、引き落としの手段は非常に豊富で、SBI証券にはない魅力に溢れています。

楽天カードクレジット決済で積立

f:id:maegamix:20191222222240p:plain
出典:楽天証券(楽天カードクレジット決済で積立)

これ、相当なぐぬぬ案件です。

毎月の購入額が5万円までという制限が唯一の難点ですが、100円の買付につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるのは、かなりのアドバンテージです。

ステマっぽく感じるかもしれませんが、この記事を書くに当たって調べ始めて初めて知ったので相当なインパクトである、というのが正直な気持ちです。

投資の世界では、年間5%の利益が出せたら十分と言われていることを考えると、買付時点で1%のポイントが付与されるということが、どれだけ大きなことか分かると思います。

ただ、長期間投資においてはこの還元率が2年目以降に反映される訳ではありません。しかし、投資信託を保有するために確実にかかるコストに信託報酬手数料というものがあります

2020年1月現在、コストが安いと言われている投資信託*2の信託報酬手数料の水準が年間0.15%程度なので、少なく見積もっても5年分の信託報酬手数料がペイできると考えられます。やはり、相当なインパクトと言っても過言ではありません。

ちょっとメイン証券を楽天証券に移したくなってきました。。

この記事の総括:無理のない投資計画と仕組みの自動化を

一度、はじめのうちに自動化の仕組みを作ってしまうと、擬似的な給与天引きのようなかたちで、ストレスなく積立投資ができますよ、というお話しでした。

私もこの記事を書くに当たって色々な気付きはありましたが、何よりも伝えたかったことは無理のない範囲で投資を継続する仕組み作りが一番大切だということです。

*1:普通の銀行では定額自動送金サービスと呼ばれる送金サービスを取り扱っていますが、このサービスには少なく無い手数料が毎回発生するのが常です。
ちなみに、わたしの給与受け取り銀行では、送金一回につき自動送金の手数料として50円にさらに振込手数料800円が毎回発生します。これを毎月繰り返し、長期にわたり支払い続けるのは正直馬鹿らしいですよね。

*2:買付手数料が無料(ノーロード)であることは大原則です